恋愛エージェントトップ > ブログ 恋愛相談室 > 恋愛診断のブログ記事一覧

恋愛エージェントブログ

恋愛上手な人とは

これまで多くの人を見てまいりましたが、恋愛が上手い人は総じて

同性に対しての接し方もうまいように感じます。

その為、恋愛上手という括りではなく関係構築上手と呼ぶ方が

適切かもしれません。

その方たちの特徴として・・・。

・メールや電話の連絡がマメである。(絶妙な頻度)

・サービス精神旺盛。

・気遣いが上手い。

・聞き上手。

という方が多いと言えます。

異性に対しての接し方に悩まれる方からのご相談は数多く頂いておりますが

その殆どの方は同性に対しても消極的で、恋愛の悩みと言うより

実際は人間関係を構築することが苦手であるという悩みなのである。

これはご自身の自信のなさや、会話を続けることをプレッシャーに感じ

他人との接触を避け続けてきたことによる状況だと考えられます。

どんなに恋愛が上手い人でも、多くの失敗を経験しています。

その失敗の経験をする度に自分なりの検証を行い、紆余曲折を経て

恋愛巧者(人間関係構築巧者)となるのです。

しかし、ご自身に自信がないと「失敗」=致命傷のようなイメージが強く

失敗をしたくない、失敗するぐらいなら接触したくないと考え

いつまでも対人関係のスキルが上がらないのです。

まずは自分に自信が持てるフィールド(コミュニティ)で勝負をして

関係構築への苦手意識を払拭してください。

同性、異性を問わず、周囲の人に不快感を

与えないというのは、最低限のマナーだと思います。

そして周囲の人に好感を持ってもらうためには

気を付けないといけない点がいくつかあると言えます。

いくつか例に挙げてみます。

※外見

・髪型(自分に似合っているか、清潔感があるか)

・服装(TPOに合わせる、センス、季節感)

・表情(目付き、目線、口元、メイク)

・臭い(整髪料のつけ過ぎ、香水のつけ過ぎ、体臭、口臭)

 

※内面

・気配り

・話し方

・話題の選択

・協調性

 

思い付くままに列記してみましたが

すべてご自身の注意や努力で改善できる部分だと言えます。

 

人の嗜好や好みのタイプ、好感を持たれる物差しは

その人によって異なります。

まずは万人に受け容れられる自分を作り

その上で、自分流のアレンジを行うことによって

自然に馴染んでくると言えます。

恋愛の季節

世間はGWに突入致しました。

どこに行っても、人ばかりの状態ですが

こんな時にお薦めするのが、人間ウォッチングです。

 

普段、日常の生活に追われ、周りを気にする余裕が

ない方が多いと思います。

そんな方たちは、この休みの期間に人が多くいるところに

出かけて、町行く人達を観察してみて下さい。

 

見るポイントは・・・

・服装

・会話

・歩き方

・雰囲気

・目線

 

反面教師になる場合や、自分に取り込めるような

参考にできる人と巡り会う事ができるはずです。

 

まずは外に出てみて下さい。

春に向けての恋愛準備

バレンタインが終わり、冬の寒さも段々と

緩くなってまいりました。

 

気温が低い冬は、男性女性問わず

気持ちが閉鎖的になるものです。

 

やっと長い冬が終わり、いよいよ春が来ます。

バレンタインで義理でもチョコをもらった方は

必ずお返しをしてあげて下さい。

決してホワイトデーのお返しは高価なものではないものを

選ぶようにして下さい。

高価なものを返してしまうと、相手の方は

その出来事を重く捉えてしまい、逆に距離が開いてしまうのです。

 

金額ではなく、あなたのセンスが問われる場だと思って下さい。

 

一つ一つの場面が、あなたを理解してもらうためのチャンスになるのです。

 

そして相手に少しでもいい印象を残すことを

積み重ねていくのです。

新しい年が始まり、「今年こそはいい恋愛をするぞ!」という

決意を抱いていらっしゃる方も多いと思います。

 

しかし今のご時勢、様々な媒体を通して、出会いの場は

増えたにしても、待っているだけでは何もいい結果は生みません。

 

昨年の反省を生かし、今年はご自身から攻めてみるという

スタイルで過ごされてはいかがでしょうか?

 

「あなたは周囲から常に見られている」

これは某ファーストフード店の従業員向けのスローガンですが

この言葉は接客業である無し問わず、自分を高めるために

必要な緊張感を持続するための言葉だと思います。

 

誰かに見られているという意識を常に持っていることにより

人との接し方や、身嗜みに注意を払うという

自分作りが可能となるのです。

 

今年一年がいい年になる為には、皆さんの努力が

必要となりますので頑張ってください。

1  2  3

↑PAGETOP