恋愛エージェントトップ > ブログ 恋愛相談室 > 2009年11月のブログ記事一覧

恋愛エージェントブログ

もてる方法

ご相談頂く内容として、どうすれば「もてますか」?という

ご質問が数多く寄せられております。

 

一般的に考えますと、容姿端麗で話もうまい人はもてるだろうと

思われています。

もちろん容姿端麗・話が面白い人という事は武器であり長所だと思います。

 

しかしこれまで恋愛エージェントを通して出会ってきた人たちを見ますと

必ずしも容姿端麗で話が面白い人が持てているとは限らないのです。

 

容姿端麗でも高飛車で傲慢であってはいけません。

話が面白くても傷付けてしまうような事をいう人は好感を持たれないでしょう。

相手に対しての情熱や、気遣い、相手の考えや想いを機敏に察する能力、

寂しがらせないマメな対応をされる方のほうが、もてると言えるでしょう。

 

容姿を変える事には限界があるでしょう。

しかし相手にどういう印象を持ってもらえるかという事の方が重要であり

ご自身の努力によって改善できるポイントでもあると思います。

片思いを叶える

恋愛に於いて、最初から両想いという方は少ないかも知れません。

 

また片想いと言っても、様々なケースが挙げられるでしょう。

 

面倒見のいい先輩に好意を持っている。

現在は友人関係だが好意を持っている。

通勤時の電車内でよく見かける相手に好意を持っている。

恋人関係にはなっているが、自分の気持ちの方が大きい。

 

など例を挙げればキリがなくなってしまいます。

 

これまでの経験上、自分が意識をして片想いの人に接していると

相手も私に対して少なからず意識をしているというケースが多かったです。

 

しかし片想いを叶える為には、待っていても進展するケースは少ないでしょう。

あの時に告白しておけばよかったという後悔をされた事がある方もいらっしゃるでしょう。

 

そして片想いという恋愛を成就させる為には現在の関係から脱却できない

ご自身の自己変革と、相手の状況をよく理解する事にあると言えるでしょう。

 

たとえご自身の気持ちを相手に伝えたとしても、実は結婚をしていたり

恋人がいたりという事態に遭遇する事も考えられます。

 

相手の状況を把握する。

片想いを成就させる為に障害となっている事があるか否かを見極める点が

重要と言えるでしょう。

 

しかし個人の力には限界があります。

相手を見極める事は、なかなか難しい作業と言えるでしょう。

 

恋愛の悩みを解決すべく一緒になって考えていきましょう。

模擬恋愛体験談

今回のご相談者様はREIKOさん(仮名)31才女性

東京都にお住まいのOLさんです。

彼氏いない歴10年。

 

会社ではいつのまにか独身女性社員の最年長になってしまった。

特に結婚に対しての焦りは無かったものの、めっきり出会いの場が

無くなってしまった事と学生時代の友人たちから次々に結婚・出産という

連絡をもらう度に、不安感に襲われるとの事でした。

 

遡る事10年前、学生だったREIKOさんは3年交際して、

結婚まで意識するような男性にふられてしまったそうです。

理由は彼の気持ちを確かめる為に、喧嘩のたびに別れるつもりはないのに

別れ話をしてしまった事・・。

すぐに別れ話をしてくるREIKOさんに彼は疲れ果ててしまったそうです・

 

自分では、その失恋を乗り越えたつもりではいたものの

その時の失敗を今でも後悔されているREIKOさん。

違う男性と食事に行っても、普段の自分が出せずに憎まれ口を言ってしまう

そうです。

 

10年間恋人と呼べる人がいなかったREIKOさんには男性に対しての接し方に於いて

絶対数の経験値が足りません。

 

弊社男性スタッフRYOをREIKOさんの彼氏役としてサポートする事となる。

 

次回、Vo.2へ続く。

模擬恋愛体験談

片想い・両想い・遠距離恋愛など恋愛には様々な形が

ありますが、共通している事は相手を思い慕うという事だと思います。

 

その恋愛というストーリーの登場人物には、最低でも2人がキャスティングされます。

あなた自身と、思う相手です。

恋愛の形によってはその2人の関係を邪魔する役の人物や、応援してくれる役の

人物もいるでしょう。

 

しかし、このストーリーを成功させる為には、ご自身の役作りが必要となります。

恋愛が勝手に成就することはありません。

相手の方も人間です。

ご相談者様ご自身が発する言葉や行動に基づいて、色々な事を考え、悩み

アクションを起こしてくる事でしょう。

 

恋愛に向き不向きはありません。

相手に対して大事に思う気持ちや、相手の立場にたって物事を考えられるのであれば

自分の改善点はおのずと見えてくるでしょう。

 

そして自分の言動に後悔される前に、同じ事を繰り返さないという決意と

学習が必要と言えるでしょう。

恋愛相談

一通のメールが弊社恋愛エージェント宛に届いた。

 

28才の男性からのご質問で・・・

デートで女性と二人っきりでいると、緊張して何を話していいかがわからない。

また話をしないでいる沈黙が耐えられないという内容でした。

 

同じようなケースのご質問を数多く頂いております。

まず女性と二人っきりでいると緊張してしまう・・・という部分に

着目すると、女性に対しての意識のし過ぎだと思います。

 

おそらくご相談者様の中には女性との接し方に対しての

理想像があると思います。

その理想像に近付かなければならない、つまらない人だと思われたくないという

思いが緊張に繋がっているのだと思います。

 

デートに行くという事は少なからず、ご相談者様に対して好意を持っているからこそ

女性が一緒の時間を共有しているのです。

沈黙も相手の女性から見ればご相談者様の長所なのかも知れません。

 

ご自身のキャラクターやいつもと違う接し方をする事によって

ご相談者様の魅力が半減してしまう事もあるのです。

 

背伸びをする必要はありません。

等身大の自分を出して、相手に対しての心遣いや気配りがあれば

その関係性は保たれると思います。

 

がんばって下さい。

1

↑PAGETOP