恋愛エージェントトップ > 恋愛人間関系の悩み解消 > 女心を掴む恋愛術  > 男を磨いてモテる男性になる

男を磨いてモテる男性になる方法

モテる男になるために

モテる男とは

「恋愛したくても彼女ができない」、「恋愛してもいつも振られてしまう」と悩む男性は多くいます。
女性にモテる男になりたいと考えますが、モテない男にはモテない理由があるのです。
このモテない理由に気付かなければいつまで経ってもモテないままなのです。
モテる男は女性の気持ちをよく理解しています。
今までの人生経験や恋愛経験から「女性」という存在を充分に理解しているのです。
「どうすれば女性が喜ぶのか?」、「どのような男を求めているのか?」を知っているのです。
女性にウケるファッションセンス、女性に好感を与える印象づくり、女性の恋愛感情をくすぐる接し方、女性が喜ぶ付き合い方などを熟知しているのです。
このようなモテる男はいつも女性の視線を集めてモテています。
逆にモテない男はいつも蚊帳の外であり、見向きもされず相手にされません。
モテない男は女性を意識しているだけで、全く理解していないのです。
「恋愛したい」、「彼女が欲しい」と本気で願うなら「女性」を理解して自分を少しだけ変えてみる努力と覚悟が必要です。

モテる男というのは女性から好感を持たれて恋愛感情を抱かれる男のことを言います。
女の尻を追いかけ回して女に媚びているわけではないのです。
女性から愛される男のことなのです。
男は恋愛して夢中になれる女性がいることで、「その人のために頑張ろう」と何事にも打ち込めるものです。ならば、女性に愛されるモテる男になって日常を充実させて恋愛を楽しみましょう。

女性を理解することでモテる男になれる

女性は誰でも男性を頼って安心できる幸せな恋愛をしたいと望んでいます。
素直になれない天邪鬼的な態度を見せたりするのですが、本当は弱い自分や素直な自分を恥ずかしくて見せられないのです。
女性は感情の起伏が男性よりも激しく、寂しがりやな一面を見せたと思えば、強がってしまう面もあるのです。
このような女性特有の性質を理解することで女性の気持ちを理解し、女心をくすぐるモテる男になれるのです。

【女性の化粧】

女性は化粧をします。
自分を良く見てもらいたい、良く見せたい気持ちの表れと思います。
男性を意識することで化粧も念入りになるものです。
デートの時など化粧に時間が掛かって待ち合わせに遅れてしまうことだってあるのです。
デートに遅れたことを怒ったり、化粧を冷やかしたり、「似合ってないよ」なんて言ってはいけません。
化粧の上手い人もいれば下手な人もいるのです。
化粧は女性の「気合い」の表れなのです。
女性が化粧をするのは顔だけではありません。
心にも化粧をしてしまうことがあります。
自分の本当の気持ちを悟られないように本心ではないことを言ったり、行動したりします。
自分の本音を隠す意味で気持ちに化粧をして本心を隠してしまうのです。
女性は恋愛に対して慎重に考えて相手の男を警戒します。
傷つくことを恐れると同時に大切にされたいと考えるからなのです。
真剣な気持ちが伝わって、自分を大切に考えてくれることを感じることで心の素顔を見せてくれるようになるのです。

【嘘をつく女性】

恋愛に駆け引きは必要です。
上手く駆け引きすることで自分の願う幸せな恋愛を叶えたいと女性は考えています。
掛け引きから恋愛で優位になるために平気で嘘をつく女性がいます。
しかし、女性にとっての嘘は自分を良く見せるため、本心を隠すための嘘が多いのです。
嫌われたくないし、もっと好きになってほしいから嘘をつくのです。
女性が嘘をついているとあからさまにわかったとしても詮索しないで聞き流してあげる器量も時には必要です。
もちろん重大な嘘なら問い詰めなくてはいけませんが、駆け引きの嘘なら聞き流してあげることで女性との駆け引きにも勝てるものです。
また、「嫌よ嫌よも好きのうち」と昔からよく言います。
女性は本心では「O.K.」や「YES」と思っていても口では「NG」や「NO」と言うことがあります。
女性は自分の気持ちを見透かされてしまうことを極端に嫌います。
自分の気持ちを読まれることに不安を感じることがあります。
特に女性の持つ前向きな欲求や前向きな感情を表に出すことに恥じらいを感じているのです。
女性が恋愛や男女関係において積極的になってはいけないように感じているのです。
追う側になるより、いつまでも男性に追われていたいと思っているからなのです。

【女性は感情の波がある】

女性は感情の起伏が男性よりも激しいのです。
内面的な弱さや強さにも関係するのですが、女性には「生理」という体調の変化があります。
この変化により女性ホルモンのバランスが崩れてしまったりすることで精神的にもバランスを崩すことがあるのです。
体調に波が出来ることで精神面にも波ができて言葉や行動が普段と違うなんてこともあるのです。
甘えていたのに急に冷たくなったり、元気だったのに弱気になってみたり、落ち込んでいたり・・・。
女性が天邪鬼と言われる所以はこのような体調の変化が原因なのかもしれません。
男性には理解が難しいほど気持ちが急に変わったりすることがあります。
このような態度の変化に嫌気がさしてしまう男性も多くいます。
女性の言葉や行動で感じることを鵜呑みにするよりも気持ちで理解してあげようとすることが大切です。
女性に振りまわされて疲れて嫌いになってしまう前に本心を読み取ろうとすることが大切なのです。
女性が恋愛したいと望むということは気持ちで通じ合っていたいと願っているのです。
理解することが難しい女性でも自分にしか見せない素の状態を理解してあげることで本心を読み取ることが出来て恋愛を発展させることも可能なのです。

【元彼を思い出にする女性】

過去の恋愛を思い出として大事にしているのが女性です。
女性を好きになり、恋愛関係になると「彼女の過去」というものが気になり始めます。
聞くと自分が傷つきそうで聞けないのですがやっぱり気になってしまうものです。
聞きたくないのに過去の恋愛経験を話してくる女性も多くいるものです。
デリケートな男は、彼女の男性遍歴を聞いてしまうことで凹んでしまいがちです。
女性はデリカシーの無い人もいるのですが、男性のように過去の恋愛を「忘れたい過去」とは思っていないのです。
過去の恋愛を大切な思い出という箱にしまっているのです。
だから、男が勇気を出して元彼の話や過去の恋愛話を振ってみると楽しそうに思い出に浸って話す女性もいるのです。
ここでいちいち嫉妬してはいけません。
堪えて聞き流すしかないのです。このような覚悟が無ければ恋愛する資格はありません。
女性は、振った振られたにあまり関係なく、時間が経つことで元彼との恋愛を良い思い出にします。
そして、元彼と連絡を取り合っている人や友達関係を続けている女性も多くいるのです。
割り切った関係でも元彼と連絡取り合うことは許せるものではありませんが、男の器量が問われる場面になります。

【恋愛する女性の気持ち】

女性は恋愛することで気持ちの通じ合える人を求めます。
例え恋愛がマンネリ化しても気持ちが通じ合っていれば満足して男への不満を許してもくれます。
しかし、気持ちが通じ合っていないと感じることで他の男性に目移りしてしまうのです。
女性は自分の気持ちが満たされなくなることで不安を抱きます。
不安な気持ちを解消するために彼氏に甘えたり、頼ったりするのですが、彼氏の気持ちが自分に向いていないと感じることで自分を理解してくれる男を求めてしまう傾向があります。
女性は不安や心配、寂しさや孤独に弱いのです。
このような不安な感情の時に傍で支えてくれる存在に気持ちが流されてしまいがちです。
恋愛しているなら、彼女の精神的な支えになってあげること、彼女の気持ちに敏感でいることで長く恋愛を続けることが出来ます。
コミュニケーションやスキンシップを上手く取ることで彼女を理解して変化を感じ取り、楽しく恋愛を育てることが出来るのです。

  • お問い合わせ
  • 恋愛相談料金