恋愛エージェントトップ > 恋愛心理講座

男と女の恋愛心理を知る秘訣

恋愛に対する心理

「恋愛して幸せになりたい」という気持ちは、男女に関係なく誰もが思う共通の意見です しかし、幸せの感じ方や価値観は様々で、人それぞれ求める恋愛のカタチが違うものです。
恋愛に求めているもの、恋人に求めるものなど男性と女性でも異なる意見や感情を持っています。
恋愛に対する心理の相違点を知ることで恋愛に活かせるものです。

【恋人として許せない部分】

  • 異性との交遊
  • 金銭感覚の麻痺
  • 生活態度の悪さ
  • 時間のルーズさ

【恋人に褒められて嬉しい部分】

  • 性格
  • 容姿
  • 才能
  • センス

【恋愛に求めるものは】

  • 幸せ 幸福感
  • 安らぎ 安心感
  • 刺激 トキメキ
  • 結婚 将来

男は愛情を与え続けたい

男と女 男性は恋愛を楽しみたい欲求を強く持つことと同時に臆病な気持ちを持ちます。
本心では、彼女に対して「してあげたいこと」を多く抱いています。
しかし、「嫌な気持ちにさせてしまったら…」と臆病になるのです。
彼女の顔色を伺ってしまい本来の自分を表現できないことも多くあります。
想像するだけで行動に移すことが困難になってしまうことがあるのです。
彼女に自分という存在や人となりを決め付けられてしまうことで無難な愛情表現を繰り返してしまうのです。
恋愛関係がマンネリ化してしまうのはこのようなことが原因とも言えます。
彼女の存在が母親と接しているような感覚になってしまうのです。

男性は自分が傷つくことを極端に嫌うのです。
「傷つくくらいなら恋愛なんてしたくない」という男性も意外に多いのです。
男性独特のプライドの高さが恋愛に対して臆病にさせてしまい、ナーバスな思考を作り上げてしまうのです。
男性は妄想が多く、彼女への好意を形にして表現する場面を妄想しては自分の中だけで処理して伝えないまま消化してしまうのです。
恋愛中の悩みでも誰にも相談せずに一人孤独に悩んでしまうことが多くあるのです。
また、男性は恋愛相手の女性に対して減点方式で採点しているのです。
初めて会った時は100点満点だったのに、恋愛を重ねるにつれて減点してしまうのです。
彼女の嫌な部分を見てしまうことで評価を下げてしまうのです。
一度落ちた評価はなかなか上がるものではありません。
減点された評価点数よりも高い点数の女性を見つけると浮気してしまったり、それが本気となってしまうことがあるのです。

女は愛情を感じ続けたい

女性は恋愛において愛情を感じることが出来れば気持ちが満たされて満足できます。
恋人と気持ちが通じ合うことで恋愛を楽しむことができるのです。
しかし喧嘩したり、恋人の気持ちが理解できないことから不安定になってしまうこともよくあるのです。
「愛されたい」、「幸せになりたい」という思いは女性共通の願いだと思います。
「白馬の王子様が来るのを待っている」とよく言うものの実際には現実的な普通の恋愛を求めているのです。
自分のことを理解して大切にしてくれる人なら、理想と掛け離れていても女性は愛情を持って恋愛することができるのです。
女性特有の母性本能が働くのかもしれません。
「美女と野獣」のカップルがいるように、容姿的なことよりも自分に対して愛情を持って接してくれるのかという部分を見ているのです。
女性は、恋愛するまで消極的でも一度心を許すと積極的になります。
自分を知ってもらおうとすることと同時に恋人をよく知りたいと感じるからです。
恋愛中に気持ちが満たされているなら他の異性に目が行くことはありません。
しかし、満足できる恋愛ではない場合には気持ちが移ってしまうこともあるのです。 女性は、男性と違って「心で浮気する」と言われます。
気持ちの通じ合う人を見つけることで本気になるのです。
また、女性は恋愛の悩みができると信頼している友人や元恋人など気のおける人に相談して気持ちを共有しようとするのです。
女性は、寂しさや孤独に耐えられない気持ちが強いのです。逆に言えば、気持ちを満たしてあげることで寂しさを紛らわせることができ、そこから新しい恋愛に発展することも多くあるのです。
女性は心のバランスが崩れることで弱い部分を見せてしまうのです。
気持ちのバランスを上手く保つことで恋愛のバランスも取れるのです。

  • お問い合わせ
  • 恋愛相談料金

↑PAGETOP